水漏れ箇所

家の中で水漏れしやすい箇所がどこか存じですか。一旦水漏れを起こしてしまうと、水漏れ対策の業者へ修理を依頼するようになります。水回り品の劣化などによる水漏れはいつかは起きるものですが、水漏れの被害をなるべく小さくするための対応を取っておいたほうがいいですね。

まず、キッチンの水廻りで起きる水漏れは、シンク下の蛇腹になっている排水管の割れです。劣化するとプラスチックで出来ているために割れやすくなります。軽度なうちは防水テープなどを巻くと応急処置を行うことができます。テープを巻いても水がポタポタと漏れるようなら、水漏れ業者に依頼するのが適切です。水漏れが起きるとシンクの下が水浸しになってしまうので、水を戸建なら床、マンションなら下層階に浸透させないような配慮が必要です。ほとんどの業者は、365日24時間いつでも受付してくれます。また、洗面台のシンク下の部品の劣化や排水口のつまりなども水漏れが気になる箇所になります。

水漏れが多く見られるシンク下などは、定期的な確認をした方が異変に気がつきやすくなりますし、ひどい水漏れを予防することができます。マンション住まいの場合は下のお宅にも迷惑がかかってしまいますので早めの対応が大切です。

トイレつまり

家の中で急に水漏れが起きる時、とても焦りますね。マンションに住んでいる場合は下層階に住むお宅への影響が心配になります。なるべく早く水漏れを対処するにはどうしたらよいでしょうか。

ティッシュ水漏れは、トイレでもよく起こります。多く見られる事例としてはトイレへ水には溶けないティッシュを流すこと。これを大量に流してしまうと、トイレのつまりの原因となりトイレの水が溢れ出てきます。スマホをトイレに落としてしまって、誤って流してしまうこともあります。まず、トイレに異物を流さないことが肝心です。そして、詰まりを改善するために水漏れ対応の業者に対応してもらうことになります。一般的な業者は、24時365日受付をしているので、スピーディーな対応が望めますが、夜間や早朝は修理時間の対象外である場合が多いです。その間は水を流さずにする必要があります。また、ほかのトイレのトラブルには、給水管の割れやウォシュレットの接続部分のネジが緩んでしまった場合などです。定期的な家庭レベルの点検を行うことも水漏れ防止対策になります。異常を見つけたらすぐにメンテナンスをすることで、突然の水漏れを防ぐことができます。

以上のようにトイレから水漏れが発生した場合は、慌てずにトイレから水が漏れないようにした上で、業者に連絡を取ることが大切です。また、日常的なメンテナンスも続けていきたいものです。

家の水漏れ対応

自宅で水漏れが起きた時にはどのように対応をしていますか。水漏れ対応を専門にしている業者を手配する方がほとんどでししょう。しかし、水漏れが起きたのが、夜間などの時間帯だとすると、すぐに駆けつけてもらえない場合もあります。慌てない対応が大切です。この記事では、自宅で水漏れが起きた場合の簡単な対応について考えていきます。

トイレまず、トイレの水つまりですが、トイレにトイレットペーパーではない紙製品を流してしまう方が多くいらっしゃいます。水に溶けるティッシュやトイレに流せるティッシュがあり、ティッシュも水に溶けるものだと誤った認識を持っている方も多いそうです。異物をトイレに流すと、水が上がってきて水が漏れてしまいますので、業者に依頼して異物を除去しなければなりません。それまではトイレは使用しないようにする配慮が必要です。

そして、キッチンや洗面台のシンク下のパイプなどの劣化も水漏れの原因となります。軽度なものでしたら、ホームセンターで売られている防水テープを巻くことで応急処置をすることができますが、ポタっと水が落ちてくるような水漏れだと、重要な部分が割れている可能性が高いです。可能な限り早いうちに業者依頼して、修理するのに努めます。

特にマンション住まいですと、水漏れがひどい場合には下層階のお宅への浸水が懸念されますので、自宅で起きた水漏れは、なるべく早く対応することが賢明です。この記事で、水漏れに対して的確な対応を取れる一助となると嬉しいです。