水漏れ箇所

家の中で水漏れしやすい箇所がどこか存じですか。一旦水漏れを起こしてしまうと、水漏れ対策の業者へ修理を依頼するようになります。水回り品の劣化などによる水漏れはいつかは起きるものですが、水漏れの被害をなるべく小さくするための対応を取っておいたほうがいいですね。

まず、キッチンの水廻りで起きる水漏れは、シンク下の蛇腹になっている排水管の割れです。劣化するとプラスチックで出来ているために割れやすくなります。軽度なうちは防水テープなどを巻くと応急処置を行うことができます。テープを巻いても水がポタポタと漏れるようなら、水漏れ業者に依頼するのが適切です。水漏れが起きるとシンクの下が水浸しになってしまうので、水を戸建なら床、マンションなら下層階に浸透させないような配慮が必要です。ほとんどの業者は、365日24時間いつでも受付してくれます。また、洗面台のシンク下の部品の劣化や排水口のつまりなども水漏れが気になる箇所になります。

水漏れが多く見られるシンク下などは、定期的な確認をした方が異変に気がつきやすくなりますし、ひどい水漏れを予防することができます。マンション住まいの場合は下のお宅にも迷惑がかかってしまいますので早めの対応が大切です。